給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子どもたちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子どもが素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○11月お楽しみ会

メニュー:ひじきのごはん、鶏肉のもみじ焼き、おかかブロッコリー、くずし汁、以:柿 未:みかん

おやつ:パンプキンケーキ

〇12月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、チキンとポテトのグラタン、人参の甘煮、ブロッコリーのゆかりマヨネーズ和え、豚肉と白菜のスープ、りんご

おやつ:プリンアラモード

〇1月お楽しみ会

メニュー:ちらし寿司、松風焼き、煮豆、切干大根のサラダ、雑煮風汁、みかん

おやつ:フルーツパフェ

 

症状別~子どもの体調不良のときにおすすめの食べ物~

普段栄養のある食事でしっかり予防ができていても、体調を崩すことはありますよね。そこで、症状別におすすめの食べ物をご紹介します。

熱が出たとき

おすすめの食材:ヨーグルト、プリン、アイスクリーム、おかゆ、湯豆腐、具無し茶わん蒸しなど

NG食材:スナック菓子、炭酸飲料など

発熱時は汗をよくかくので、白湯や麦茶などで十分な水分補給をしてあげましょう。また、発熱時は食欲が落ちてしまいがちですが、ヨーグルトやプリン、おかゆや具無し茶わん蒸しなどの半固形状ののど越しの良いものが食べやすいです。熱が下がってきたら徐々に元の食事に戻していきましょう。

咳が出たとき

おすすめ食材:はちみつ(※1歳未満の乳児には与えないでください)、飴、大根、あんず、おかゆ、うどん、豆腐、りんごなど

NG食材:炭酸飲料、牛乳、柑橘系ジュース、辛い食べ物など

のどが乾燥していると咳が出やすくなるため、白湯や麦茶をこまめに飲んだり、はちみつや飴をなめたりしてのどを潤しましょう。牛乳やオレンジジュースは飲んでもよさそうなイメージですが、咳を誘発するため咳が出ているときはNGです。
また、大根やあんずは、のどや咳の症状に効く食材です。大根おろしやあんずジャムを使用すると、のどに負担なく食べられそうですね。

吐いたとき

おすすめ食材:経口補水液、薄めた味噌汁、おかゆ、うどん、豆腐、りんごなど

NG食材:牛乳、乳製品、柑橘系ジュース、脂っこいものなど

吐き気が強いときは食事がのどを通らないかと思いますが、脱水には気をつけてください。吐き気が落ち着いたタイミングで、経口補水液や薄めた味噌汁を少しずつ複数回に分けて飲ませましょう。乳製品や酸味のあるジュースは、かえって吐き気を誘発することがあるため避け、吐き気が治まってから、おかゆやうどん、豆腐やりんごなどの消化のいいものを食べさせましょう。

下痢をしたとき

おすすめ食材:経口補水液、薄めた味噌汁、おかゆ、うどん、豆腐、りんごなど

NG食材:いも類、きのこ、海藻、ごぼう、バナナ、みかん、牛乳、ヨーグルトなど

子どもの下痢が続く場合、大人よりも簡単に脱水症状になってしまうため、水分補給が大切です。経口補水液や薄めた味噌汁などの飲み物で、水分とミネラルを補給してあげましょう。
下痢が治まってきたら、おかゆやうどん、豆腐やりんごなどの消化のいいものを食べさせてください。食物繊維が豊富な野菜や果物、海藻やきのこは消化が悪く、腸管を刺激して下痢を促すのでNGです。

便秘のとき

おすすめ食材:大麦、オートミール、大豆、納豆、ごぼう、さつまいも、オクラ、りんごなど

NG食材:スナック菓子、脂っこいものなど

便秘のときは、食物繊維の多い食品を取り入れましょう。食物繊維には水溶性と不溶性があります。水溶性は便をやわらかくし排泄を促す効果があり、不溶性は便量を増やす効果があり、2つの食物繊維をバランスよく摂ることが望ましいです。1つの食材で2つの食物繊維がバランスよく入っているのが「大麦、オートミール、大豆、納豆、ごぼう、オクラ、アボカド、りんごなど」です。

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や食事のマナー、身近な食材に関することや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

11月の食育

11月の食育では身の周りの食べ物が色んな物に変化したり、色んな物からできていることを知ってもらいました。飲み物として飲んでいる牛乳がチーズになったり、毎日給食で食べている「つぶつぶ」のご飯が「もちもち」のお餅になったり、「つるつる」のビーフンになったり、「ぱりぱり」のおせんべいになったり、すっぱい調味料のお酢になったり、給食のメニューでおなじみのパスタ、うどん、パンが小麦粉からできていたり、味も形も食感も変化している事に子どもたちも興味津々の様子でした。

つぶつぶのお米はもちもち、つるつる、ぱりぱり食感が変わるだけでなく、すっぱいお酢にも変身するよ。

牛乳は何になるかな?みんな考えて色々答えてくれてます。

大好きなアイスクリームやチーズケーキも牛乳からできているんだね!

 

食べ物カードになかったものでもいくつか子どもたちに質問してみました。果物のオレンジが何になるか聞いてみると、「ジュース」と答えてくれました。給食でもよく使うマーマレードもオレンジからできていると教えると、とても驚いていました。もう一つ、リンゴは何になるかを聞いてみると「ジュース」「ジャム」の他に「給食のおやつにでるアップルパイ!」と答えていました。意外なものに変化している食品があることを知って、日々食べている物が何からできているのか興味を持ってもらえるきっかけになればいいと思います。

 

12月の食育

12月の食育では苦手な野菜を克服してもらうために、ほうれん草と人参を使ったケーキを自分たちで作ってもらい、おやつに食べてもらいました。実際に子ども達に聞いてみると人参は「嫌いじゃないよ」「甘いから好き」との答えでしたが、ほうれん草はやはり苦手な子が多いようでした。まず粉類が入った袋に豆乳と人参、ほうれん草を入れていき、子ども達に袋の上からも見合わせてもらいます。大豆から出来る豆乳が入ることを伝えると、先月の食育で話したことを覚えている子もいました。

みんなでもみもみ材料を混ぜ合わせています。これが本当にケーキになるのかな?

どろどろの生地は入れるのが大変そう。でも上手にカップに入れています。

 

どろどろになった生地がどうなるのか半信半疑だった様子でしたが、焼きあがったケーキを見て「美味しそう!」「焼いたらこんな風になるんだ!」と驚いていました。実際に食べた子ども達は「美味しい!」「ほうれん草の味しない」と好評で、自分の分を完食し、さらにおかわりの分をじゃんけんしていました。

ごちそうさま!全部食べたよ!

ほうれん草が苦手だという男の子が「僕ほうれん草苦手だけど、美味しくて全部食べたよ!」と笑顔で伝えてくれました。「お家でも食べたいな」と話している子もいて、苦手克服の一つの手段として成功したと思います。

お家でも作りたい、食べたいと言っていた子どもたちがいました。使う道具も少ないので、洗い物も少なく簡単にできるので家庭でも作ってみてください。

材料

小麦粉                   120g

砂糖                     50g

ベーキングパウダー               7g

豆乳                     70g

サラダ油                   35g

人参(茹でてつぶす)             20g

ほうれん草(葉っぱの部分を茹でて細かく刻む) 1/5束

用意する道具

袋(ジップのついているものが便利です)

アルミカップ

作り方

①袋に小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを入れて豆乳とつぶした人参とほうれん草を加えてよく混ぜる。

➁サラダ油を加えてさらによく混ぜる。

③袋の端をはさみで切り、アルミカップに生地を入れる。

④170℃のオーブンで15~20分焼いて出来上がりです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.