給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子どもたちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子どもが素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○4月お楽しみ会

メニュー:たけのこごはん 赤魚の西京焼き ミモザサラダ 新玉葱と麩のすまし汁

以:オレンジ   未:オレンジ

おやつ:苺パイ・マシュマロ

 

 

 

 

食中毒に注意しよう!

少しずつ夏に近づいてきましたね。気温も高くなり、食中毒の注意が必要になってくる季節です。ここでもう一度食中毒にならないように気をつけることを振り返ってみましょう。夏場は特に細菌性の食中毒に注意が必要です。子どもや高齢者、免疫力が低下している方は食中毒にかかりやすく、重症化しやすい傾向にもあります。
最近では、お弁当箱の蓋が保冷剤になるようなお弁当箱も発売されています。ペットボトルに水をいれて凍らせて大きい保冷剤を作ることもできますね。暑い夏場も安心安全な食事がとれるように、工夫と心がけをしていきましょう!

夏場に多い食中毒を引き起こす細菌の特徴は

栄養素・水分・適度な温度がそろっている環境で増えることができる
食品には栄養素と水分があるため、温度管理が重要
ほとんどの食中毒菌は、体温に近い36℃付近で最も多く繁殖する

食中毒を防ぐための3原則を心がけよう!!

1.つけない

細菌を食べ物に「つけない」
・新鮮な食品を選ぼう
・手はこまめに洗おう
・シンクやスポンジ、調理器具などは清潔に保とう
・野菜や果物は流水で洗う
・生野菜から順に取り扱うようにする

2.増やさない

食べ物に付着した細菌を「増やさない」
・長時間の持ち歩きはしない
・買ったものはすぐに冷蔵庫へ入れよう
・調理後は速やかに食べよう

3.やっつける

食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」
・中心までしっかり加熱する
・鍋やレンジで加熱するときは、よくかき混ぜるようにする
・使った道具はしっかりキレイに洗おう

 

五月病に気をつけましょう

五月病とは? その原因は?

新しい環境にワクワクする子もいれば、心配でドキドキしたり、不安からイライラしたり、やる気を失くしてしまうことがあります。不安や緊張状態が続いたあとの長期休暇で気がゆるみ、それまで張りつめていた糸が切れて、心と体に変調を起こすことが原因だそうです。五月病は正式な医学用語ではありませんが、一般に新生活の疲れが出始め、ストレスを感じやすいこの時期に起こるため、こう呼ばれています。睡眠不足や食事の栄養の偏りは精神面に大きな影響を与えてしまいます。

話を聞き、声をかけて安心できるように

頑張りすぎると気持ちが空回りし、五月病になりやすいといわれています。家での食事や入浴などにいつもより長めに時間を設け、不安な気持ちにゆっくりと耳を傾けたり、スキンシップを十分にとるなど、安心できる環境づくりが大切です。

バランスのとれた食事と休養

ストレスを和らげる栄養素は、ピーマン、ブロッコリー、果物などに多く含まれる「ビタミンC」、ごまや大豆製品に多く含まれる「トリプトファン(必須アミノ酸)」、豚肉・卵・バナナ・ナッツ類に多く含まれる「ビタミンB群」などがあります。ビタミンはどれかひとつだけでなく、数種類を同時に摂ることで効果を発揮します。

主食(ごはん・麺など)、主菜(肉・魚など)、副菜2品(野菜や海藻など)、汁物(みそ汁やスープなど)、果物の5皿を揃えることがバランスのいい食事となり、必要とされている栄養を摂ることができます。ただ、5皿を揃えるのはなかなか大変ですよね。丼もので主食と主菜を同時にとったり、プレートなどを使って洗い物を減らすのも工夫のひとつです。

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や食事のマナー、身近な食材に関することや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

今年度の食育は、5月より順次行っていく予定です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.