給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○5月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、チーズハンバーグ、切干大根のサラダ、キャベツのスープ、生パイナップル

おやつ:バナナケーキ

 

 

○6月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、マカロニグラタン、ドレッシングサラダ、カレースープ、メロン

おやつ:麩のラスク

 

 

正しい水分補給をしていますか?

私たち人間の体は体重の約60%を水分が占めています。体内の水分は体温の調節や栄養素の運搬などの大切な働きをしています。気温の暑さや運動で汗をかいて体内の水分が不足すると体内でのバランスが崩れ、調節ができなくなり、めまいや立ちくらみなどの熱中症の初期症状が現れます。熱中症は放置すると生命維持に関わります。これから暑い季節に入っていきます。正しい水分補給で夏を元気に乗り越えましょう。

水分はこまめにとりましょう

一度にたくさんの量をとることは逆効果で、胃腸に負担をかけてしまいます。何度かに分けてとりましょう。

ジュースよりも水やお茶を選びましょう

運動の時にはミネラルを含んだスポーツドリンクもよいですが、糖分も多く含まれているので飲みすぎには注意です。ジュースなどの甘味の強い飲み物ではなく、水やお茶にしましょう。

3食しっかり食べましょう

水やお茶だけでなく、毎日の食事からも水分を補給することができます。汁物を含め、3回の食事でかなりの水分を補うことができます。夏が旬の野菜や果物にも水分は含まれています。どんどん取り入れて下さいね。

 

夏のおやつ・ゼリーと寒天

夏に食べたくなるおやつといえばゼリーともうひとつ、寒天があります。二つともよく似ていますが、含まれている栄養素が異なり食感もそれぞれ違っています。調理する時の注意点もそれぞれ違いますが、どちらも一緒に使うと固まりにくくなる食材があり、気を付けなくてはいけませんが、最近では粉になって売られていたり、調理もとても簡単になりました。夏の手作りおやつにいかがでしょうか?

ゼリー

ゼリーに使われているゼラチンはコラーゲンからできています。涼し気な見た目とプルンとした食感と、くちどけの良さが特徴で夏にぴったりです。ゼラチンはタンパク質でできているため、パイナップルやキウイなどのたんぱく質を分解する酵素を持っている果物を一緒に使うと固まらなくなります。缶詰を使うか、一度過熱をしてから加えてください。

寒天

寒天の原料は海藻で、日本人に不足しがちな食物繊維や体に必要なミネラルも豊富に含まれています。食べると腸の中の悪いものを排出するのを助けてくれます。また、熱をとってくれる効果もあるので体の中に長く留まり、内側から冷やしてくれます。ゼラチンを違って室温でも十分に固まる性質があるので、調理もとても簡単です。食感は、もろもろ・ぷつぷつ、とゼリーとは違って独特でが、溶かす水分量でゼリーのような食感にもなります。酸味のあるものを使う時は、寒天をしっかり溶かしてから食材を加えると大丈夫ですよ。

 

菜園の収穫が始まっています

さくらさんが育てている野菜が収穫の時期をむかえています。さっそくきゅうりとなすが給食室に届けられました。実をつけ始めたパプリカは色が変わるまでの辛抱ですが、ぐんぐん大きく育ってきています。また園では育てていませんが、夏の野菜と言えばトマトが代表的です。給食では火を通した料理に使用しています。一度焼いた鶏肉をトマトと一緒に煮込むとしっとり柔らかく仕上がります。トマトには昆布を同じ旨味成分が含まれているので、スープやラタトゥイユに使うとダシの役割をして良い味を出してくれます。旬をむかえた夏野菜には夏の体に必要な栄養と水分も多く含まれています。積極的に食事に取り入れて下さいね。

きゅうり

95%が水分のため、栄養価は少ないですが、ビタミンCやカリウムなどが含まれています。体を冷やす作用もあるので暑い夏にはぴったりです。今では家庭菜園でお馴染みの野菜ですが、昔は貴族だけが温室で育てて食べる事のできた野菜らしいですよ。サラダや和え物など、生で食べるのが一般的です。

また、加賀野菜のひとつの太きゅうりは、あんかけ煮や味噌汁などの火を通す料理にも使われます。

 

ピーマン

「苦手な野菜」の一つとして必ずあげられるピーマンですが、最近は赤や黄色、オレンジなどのカラフルで甘味が強く食べやすいものも出てきました。どの色のピーマンにも豊富に含まれているのがビタミン類です。ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いことが特徴です。油との相性もよく、火を通すと苦味も少なくなるので、炒め物や揚げ物がおススメです。

なす

きゅうりと同じ、身体を冷やす効果があり、夏バテの改善に効くと言われています。皮の部分にも栄養があるので、皮をむかずに食べた方が有効です。なすの良いところは他の食材や調味料のうま味や栄養を吸収してくれるところです。ついつい油を多く使ってしまいがちなので、調理前に電子レンジで加熱すると、炒める時に多くの油を使わなくてすみますよ。

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

◆◆◆5月の食育『包丁の扱い方を知ろう』◆◆◆

 

さくらさんにとって2度目の食育となります。
前日から先生が、翌日に食育があることを伝えてくれていたようで「明日の食育楽しみ~!」というふうに言ってくれている子がいました。

 

秋頃にさくらさんに向けた行事を予定しており、カレーライス作りのお手伝いをしてもらいます。その日に包丁を使用するので、初めての子に向けてはもちろん、今までお家で包丁を使った子がある子に向けても、改めて正しい包丁の扱い方を理解してもらうことをねらいとしました。

 

包丁を扱うときのお約束で、刃の危険性や、包丁を持っているときにふざけたりお喋りしたりしないこと、投げたり振り回したりしないこと、包丁の持ち方など基本的なことを伝えました。包丁の持ち方についてお話ししたとき、私が教える前に「ネコの手にする!」と元気よく答えてくれた子が何人かいて、きっと普段から意識してお手伝いしているんだろうな~と感心しました。ネコの手を一緒にマネしながらみんな真剣に聞いていました。

 

 

最後は、カレーライスの食材をどのように切るか、実演を交えて説明しました。

 

 

みんなで一緒にカレーを作るまでは、まだ少し期間があります。
今回、基本的な説明はしましたが、行事の直前に給食室へ1名ずつ来てもらい、栄養士とマンツーマンで人参・玉ねぎ・じゃがいもを切る練習を行います。

まだ包丁を使ったことがない子も数名いたので、それまでにお家でも大人の方と一緒に、ぜひ包丁を使う練習をしていただけたらと思います。

 

 

◆◆◆6月の食育『手洗いの仕方を学ぼう』◆◆◆

 

1日のうちに何度もする手洗いですが、どこか流れ作業のようにササっと終わらせがちになっている子も見受けられます。そこで、手洗いに重要な6つのポイントをおさえて、実演しながら子どもたちと一緒に練習しました。

 

まずは、手洗いに必要な6つのポーズのイラストを見せて「おねがいのポーズ」や「カメさんのポーズ」など、子どもたちに伝わりやすい言葉で実演しマネしてもらいます。「おおかみのポーズ」はつめを立てて、もう一方の手にゴシゴシとするのですが「なんでこうやってゴシゴシするか分かる?」って聞いてみました。「つめの中をきれいにする~!」とすぐに答えてくれて、それぞれのポーズにはどんな意図があるのかも理解してくれていました。

 

 

最後は、6つのポーズのおさらいとして、手洗いの歌に合わせて一緒に練習しました。1曲終えたあと、先生の「もう一回やりたいくらい」のとボソッと言った声に子どもたちも反応して、まさかのアンコールです(笑)

1度聞いただけで割と覚えやすいメロディとポーズなので、2回目ともなるとみんな上手にマネできていました。

食育が終わったあとも口ずさんでる子がいたり、その後のおやつの前の手洗いでも「おねがいおねがい♪」と言いながら実践してくれたり、楽しそうに手洗いしている様子も見られました。

 

今回学んだことを、引き続き園やお家でも思い出しながら楽しく実践してもらえたら嬉しいです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.