給食室から

 

給食室から

東金沢こども園では、添加物のない安全な食材で「手作りの味」を子供たちに……という思いで毎日給食を作っています。

離乳食:毎日、分園と連絡をとりながら1人ひとりの成長にあわせ作っています。

おやつ:手作りおやつに心がけ、週に2回程度献立に取り入れています。手作りなので添加物もなく安心して食べることができ、園児もおいしそうに食べています。

アレルギー児への対応:入園時に確認し、医師の診断書のもと1人ひとりに対応した除去食を作っています。

食事:食という字は「人を良くする」「人に良い」と書きます。その字のとおり元気のもと、健康の源のほとんどが「食」であり、楽しみの一つです。園児たちも給食が楽しみになるように、出来たてで温かいものを作っています。

保育園では、食に関する興味関心を持ってもらおうと、保育園で野菜の栽培や、クッキングを行っています。

 

◇◆保育園の給食ではこんなことを心がけています◆◇

・1日、15~20種類ぐらいの食材を使うような献立作り
・新鮮で安全性の高い食材を使用(国産の果物、産地の厳選など)
・揚げ物・焼き物・炒め物・煮物・和え物を取り入れる
・薄味で甘味・脂肪を控えめにして素材そのものの味を生かしたり、子供が素材の味を知ることができるように味付け
・正しい食習慣を身につけられるよう心がける
・行事食、郷土料理や季節を感じられるメニュー
・一人ひとりの発達に合わせた食事

 

◇◆サイクルメニューを行っています◆◇

園では月に2回同じメニューが出てきます。その理由は…

1.1回目に食べれなかったメニューも2回目で挑戦し、食べることができるようにするため
2.苦手な食材にも慣れることができ、食べる意欲を育てるため

 

 

○9月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、鮭のマリネ、粉ふき芋、コーンラーメン、梨

おやつ:さつま芋のレアチーズケーキサンド

 

 

○10月お楽しみ会

メニュー:ロールパン、ポークチャップ、青のりポテト、ゆでブロッコリー、きのこのスープ

おやつ:パンプキンケーキ

 

 

郷土料理を味わいましょう

郷土料理とは、その地域に根付いた食材を使い、その土地に合った食べ物として作られ、食べられている料理です。最近の献立にも多く取り入れられていて、「チャンチャン焼き」や「イリチ」「ヒカド」など、名前もユニークです。

ゴーヤチャンプルー

沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味で、豆腐と色々な食材を炒めた料理です。マレー語やインドネシア語の「チャンプール」が由来とされています。ゴーヤが有名ですが、麩やそうめんを使ったものもあります。

ほうとう

山梨県の郷土料理で、小麦で作っためんを季節の野菜と一緒に味噌で煮込んだものです。めんが煮崩れてとろみが出た汁と味噌が混じり合って「ほうとう」美味しさになります。南瓜が入っているものが有名です。武田信玄が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀(ほうとう)」と名付けられたという説もあります。

せんべい汁

青森県の郷土料理で、南部せんべいといわれるせんべいを割って入れた具だくさんの汁のことです。南部せんべいは「おつゆせんべい」ともいい、煮込んでも溶けにくいように専用のものが作られています。

チャンチャン焼き

北海道の郷土料理で、鮭と季節の野菜を一緒に鉄板やホットプレートで蒸し焼きにして味噌で味付けします。名前の由来は「ちゃっちゃっ」と作れる、「ちゃん(お父さん)」が作ることからついたなど、色んな説があります。

 

イリチ

細かく切った豚肉、人参、玉ねぎなどの材料に、ダシを加えて炒りつけた沖縄料理です。強火で短時間で炒めて仕上げるチャンプルーと比べ、手のかかる料理としてごちそうとされていました。

ヒカド

長崎県の郷土料理で、ポルトガル語で「ものを細かく刻む」という意味です。さつま芋をすりおろしてとろみをつけます。長崎の人の味付けは甘めだとされているそうです。甘めの料理を好む長崎の人々が、砂糖を使わずにとろみと甘みをつける方法として考えられたのが、さつま芋のすりおろしを加えることになったのだと言われています。

鬼まんじゅう

愛知県の郷土料理で、「飢えをしのぐだけでなく、鬼を封じ込めて食べてしまえ」という願いが込められていると言われています。お米が貴重な時代には主食としても食べられていました。小麦粉と砂糖を合わせて作る生地にさつま芋を細かく切って加えて蒸しあげたお菓子です。

五平もち

岐阜県など中部地方の山間部が発祥です。お米が貴重だった江戸時代には祭りなどのハレの場で、大人や子どもみんなで「五平もち」を作って楽しんでいたそうです。お米をつぶしてもちのようにして、平たくして串に刺し、味噌だれをつけて焼きます。

 

 

○●○食育活動○●○

さくらさんを対象として毎月栄養士が直接食に関する話をしています。内容は季節の野菜の話や行事食の由来、食事のマナーや正しい包丁の使い方など季節や時期にあった内容を話しています。

 

◆◆◆9月の食育『お箸を使って豆つかみ』◆◆◆

小学生になると、お箸を使って食べることが必須となってきます。
そこで、

『お箸を上手に使えているかな?』

の確認のために、お箸と乾燥豆を使ったゲームをしてみました。

お皿に乾燥豆を入れて、もう片方のお皿にお箸を使って移していくというゲームです。まずは、普段の給食でまだお箸を使っていない子たちでゲーム開始です!

最初はなかなかうまくつかめず、お箸からつるつる逃げていくお豆に苦戦している様子でしたが、お箸の持つ位置や持ち方を教えながらやっていくと、コツを掴んで5つ全部移せている子もいました。

中には、普段スプーンで食べていた子も『ちゃんとお箸使えてるね!』と、このゲームを通してスプーンからお箸に移行できた子もいました。

普段給食でお箸を使っている子たちでも、つるつるした乾燥豆をお箸でつかむのは難しかったみたいで、最初はみんな苦戦していました。しかし、普段の練習の成果もあってか1度コツを掴むと比較的スムーズに移せているように感じました。中には、早々と移せた子でもう1往復挑戦している子もいましたよ(^^)

この日のゲームはここで終わる予定でした…

 

が!!!

 

「私もやってみたいな」というさくらの先生のご要望で、急遽さくらの先生+私の4人で対決をすることに!

大人4人、本気で挑みました。
子どもたちの応援も大盛り上がり(^O^)

結果は…

 

私が勝ちましたー!このゲームを仕切ってる者として負けるわけにはいかなかったので、無事に勝つことができひと安心したのはここだけの話です。笑

 

最後に、ゲームで使用した乾燥豆についてのお話です。

ゲームには右側の大きいほうの豆を使用したのですが『何の豆かわかるかな?』と聞いてみました。給食でも定番の『煮豆』に使用している豆です。みんな『あずきー!』と口にしていましたが『金時豆(きんときまめ)』と言います。

子どもたちは聞きなじみがなかったようで、小豆(あずき)と金時豆を見比べてもらったのですが、金時豆のほうが大きいです。それでも普段食べている煮豆よりも乾燥しているぶん小さいので、この豆がどう煮豆に変身しているか不思議そうにしていました。

『給食室で前の日から水につけておくと、いつもの煮豆みたいに大きくなるんだよ』と伝えると『すごーい!』と驚いた様子でした。中には前日から準備してくれていることに対して『優しいね』と言ってくれた子もいました。その子の優しい気持ちが私は嬉しかったです。

 

◆◆◆10月の食育『秋の味覚について知ろう』◆◆◆

 

野菜や果物、魚など普段私たちが食べているものには『旬』があります。

その話をした上で、子どもたちにまず『旬って何かわかるかな?』と聞いてみました。すると『一番おいしいとき』と答えてくれた子がいて、少し難しい質問かなと思っていたのですが、お見事です!

まずは、野菜や果物などの食材をランダムに見せて、春夏秋冬のどの季節に旬なのかをみんなに答えていってもらいます。

パプリカ、きゅうり、なすに関しては今年の菜園活動で育てていたこともあり、夏野菜には割とみんな強くて『なつー!』と自信をもって答えてくれる姿が印象的でした。

次に、秋が旬の食材の中から『さつまいも』に注目して、さつまいもがどのように育っているかの紙芝居をしました。みんな静かに聞いてくれている姿が印象的で『秋になって葉っぱは枯れてくるけど、土の中のおいもも枯れたかな?』というような質問には、積極的に答えてくれていました。

 

◆◆◆『包丁練習の様子』◆◆◆

10月末のわくわくデーに向けて、さくらさん1人ずつ給食室に来てもらい包丁練習をしました。包丁を扱うことに対する緊張なのか、初めて入る給食室に緊張しているのか『どんなことをするんだろう』といった不安そうな表情の子が多かった印象です。

人参・玉ねぎ・じゃがいもを切ってもらうのですが、生の野菜は硬かったり、つるつるすべったり、子どもたちにとって難しかったようで、なかなか切れない野菜にみんな苦戦していました。それもあってか、全部切り終わった後の表情には達成感も見られました。少しではありますが、頑張って切っている様子をご覧ください。

みんな上手にネコさんの手を意識しながら切れていました。
これを機に料理に対する好奇心を持ってもらえたら嬉しいです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.